外 装

外装は、雨や風、ホコリなどの汚れやカビが付きやすく、傷みやすい部分になります。
特に屋根は、屋根材を支える下地がしっかりしているかどうかが重要なポイントになります。
もし、下地が傷んでいれば、その補修からしなくてはなりません。
5〜10年おきにリフォームや修繕を心掛ければお住まいの寿命を延ばすことが可能になります。

屋根

養  生


下地貼り

瓦  桟

瓦仕上げ


屋根は雨漏りや瓦の損傷などが無ければ、傷み具合を把握しにくい箇所です。
築十年を迎えたらリフォーム業者への点検を依頼しましょう。
また、瓦は地震の際、倒壊を招く可能性があります。軽金系屋根は錆びて雨漏りの原因となります。
問題が起こる前に屋根リフォームで保全をしましょう。

外構・エクステリア

外構は住まいの顔であるとともに、人を招く大切な場所。
見た目の美しさへのこだわりも大切ですが、使い勝手を重視した機能的な配慮も必要です。
外構工事は設備の新設・増設・バリアフリー化や遊び心のある美装を行うことも可能です。